好きやねん

最終的にたどりついたのが、シンプルすぎる程シンプルなお好み焼き!
手間ひまかけて千切りしたキャベツ、水分が出にくい生地の組み合わせで、冷めても美味しいお好み焼きが出来上がります。

創業以来の味

お好み焼き


「キャベツ」は、地元大阪は勿論の事、佐賀・愛知からも仕入れており年間毎にキャベツの切り方を変え、ふんわり焼けるよう毎日手作業で仕込みしております。
毎日細かく千切りしたキャベツは、熱々でも食べやすく、尚且つ冷めても美味しい新感覚のお好み焼きです!

水分

キャベツの固さによって水分調整を行なっている生地。
その為、キャベツとは逆に春夏は固めに。秋冬は柔らかく仕上げております。

鉄板での焼き時間も考え、全体的にキャベツが柔らかい春夏は片面7分7分。秋冬は10分10分で焼き上げます。

素早い混ぜ!


ふわふわの生地。旨味がでた野菜。流れ落ちるソース。豚肉のコク。踊る鰹節・・・
五感すべてをくすぐる関西のお好み焼きを完成するには、空気を入れながらの素早い混ぜが必須です!!

お好み焼き

気温や素材の変化に敏感になりながら、外はパリッ!中は柔らか。
最後の〆は、数種類のソースをブレンドしたソース!
ソースとキャベツが上手く絡み合って、冷めても美味しいです。